基君

基君の一日

彼は今日油彩画を描きました。

私は帰宅すると筆洗いです。

そのあと愛犬に餌を与えます。

その時、基君が「手を見せて」と私に言います。

そして私の手の匂いを嗅ぎます。

油彩の筆洗いで私の手は石油臭いです。

「もう一度手を石鹸で洗ってください!」

基君は私に要求します。

餌を愛犬の口まで手で運ぶからです。

赤ちゃん抱っこして。

基君の要求は大変です。



アシスタントの一日

私の仕事はマッサージの先生を老人ホームにお送りすることです。

今日その先生から聞きました。

「マッサージを受けられる方が百歳で、その方がよく言われます。」

「最近の若い人たちと話が合わないと。」

その若い人とは同じ老人ホームにいる80歳代の人たちのことです。

お元気です。


"基君" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント