基君

基君の一日

昨日、彼は洗面所の壁を大きく破壊しました。

親の悲痛な叫びが効いたのか基君は昨夜よく寝れなかったようです。

私は彼の横で寝ていたのですが全く気が付きませんでした。

基君が何回も夜中に起きてトイレに駆け込んでいたとお母さんは言っていました。

そのため午前中織機に向かうなり眠いと言ってすぐにソファーに横になりました。

そのため織りはまったく進みませんでした。

基君が壁の破損を大変心配しているので私の修理計画を説明しました。

理解できたのか基君は少し安心したようです。


"基君" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント