基君

油彩画

IMG_0164.JPG



基君の一日

お母さんと買い物から帰ると

基君は庭に水を撒いていました。

夕方庭を見るとお母さんが大切にしていたスイカに基君は触っていました。

ツルや葉を捲り上げスイカの実二つだけ残っていました。

そのスイカの実をチェックすると一つの実のツルが切れていました。

止む無く家の中に運び、包丁で切るとやはり熟していませんでした。

多少甘みはありましたがお母さんはかんかんでした。

IMG_0242.JPG


"基君" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント