基君

ペン画

IMG_0254.JPG



綴れ織り

基君、頑張っています。

IMG_0263.JPG

原画

IMG_0243.JPG



基君の一日

お母さんは言いました。

「お父さんが居ないため、基君、寂しそう」

私の姿を探して愛犬と遠くまで夕方出かけたと。

それも炎天下、一時間後に顔を真っ赤にして基君は帰ってきたと。

私は基君に言いました。

「今度、遠くに出かけたら父さんは帰ってきません」と。

基君、「わかりました。遠くに行きません。」


この記事へのコメント