基君

綴れ織り

基君、頑張っています。

画像


原画

画像


いよいよ次作の準備に入らなくてはなりません。



基君の一日

時々私に「二階で肩たたきをしますよ」と言います。

二階ですとお母さんの目が届きません。

私の肩をしばらくたたきますと、基君は言います。

「今度は僕の番ね」と言って椅子に座ります。

そして私は基君の肩をマッサージします。

時に基君がするより長い時間のマッサージを要求します。

ちなみに基君は肩こりの薬を服用しています。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック