基君

綴れ織り

基君、頑張っています。

画像


原画

画像




基君の一日

知り合いの先生が二人の小さなお子様をプールに連れておられました。

基君があいさつした後、先生はお子様に向かってお話しされていました。

「お兄ちゃんの言葉はきれいですよ」

これはものすごくうれしいお言葉でした。

基君は18年前中学生のころ、

目に見える「名詞」は言えましたが、

動詞や形容詞などがわかりませんでした。

意味が解りません。

特に助詞が理解できませんでしたので、

文章にまったくなりませんでした。

それが「言葉がきれい」と言っていただけたことは、

親として非常に嬉しい限りでした。

自由に話すことがまだまだ基君は出来ません。

親の努力がさらに必要と思っています。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック