基君

綴れ織り

織機から下した作品です。

画像


次作の原画。

タイトル「こども動物園」

画像




基君の一日

パソコンでペン画を描いていました。

私は彼の後ろから基君の背中をいたずらで押しました。

基君「アー」と裏声で叫びました。

彼の手元が狂い絵を描き損じました。

基君の裏声なんかめったに聞いたことがありませんでした。

画像


手前のブラックパソコンが基君専用、

基君が使っているのが私のシルバーパソコンです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック