基君

基君の一日

朝、近所の人に基君が言ったそうです。

「父さんは僕を忘れました」と。

先日ガソリンスタンドに基君を置き去りにしたことです。

お母さんからこれを聞いたので、

夕方プールの帰り基君にそれとなく聞きました。

基君、答えをはぐらかしていました。


今日は綴れ次作作品の原画を描いていました。

画像




アシスタントの一日

私たちのナコード様から頂きましたホタテガイの殻開けをしました。

画像


画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック