基君

油彩画 (動物園のアジアゾウ)

画像




基君の一日

私がふと見ると基君がウッドデッキでフェンスの上に体を乗り出し、

ウッドデッキ修復のための重い角材を振り回していました。

基君は「届かない!」と困っていました。

彼が干していた基君専用の便所のスリッパが風に飛ばされ、

道路に落ちず途中で引っかかっていました。

「基君、下の道路で待っていてくれる!」と言い、

私は竹竿でスリッパを落としました。

基君、再度スリッパを洗いなおしていました。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック