基君、頑張っています。

基君と散歩から帰った愛犬の調子がおかしいので、

奥さんが愛犬の服の下の背中を見ると、

出血していました。

よく見ると2ミリほどの穴が皮膚にあいていました。

穴から血が流れ出しており、周りの毛が血で固まっていました。

驚きあわてて獣医さんに電話を入れて来て頂きました。

獣医さんの車の音を聞いて愛犬は私の腕の中に飛び込んできました。

ほとんど飛び込んで来たことがないことから、

愛犬は自分でよほど傷が心配だったようです。

結果、どうも山ヒルに咬まれたようです。

近くの山に居ることは聞いておりました。

それにしても初めて見る傷口でした。

獣医さんより薬を塗って頂きました。

基君は「僕(の責任ですか)?」と心配していました。

夕方、愛犬の傷口にカサブタが出来ていました。

良かったです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック